2006年7月 4日 (火)

世界貿易センタービル

Wtc3 あの世界が震撼した同時多発テロからもう5年が経ちました、今でもあの時の衝撃は忘れません、丁度仕事から帰ってきてパチッ!とテレビをつけて見ると大都会のビルが崩れる瞬間で「おぉ~凄い迫力の映画やな~こんな映画あったっけ?」と思って見てたら、ニュースキャスターが「只今、ワールドトレードセンターが倒壊しました」って言うじゃないですか、えぇ~!!っびっくりしたのを覚えています、あの世界貿易センタービルと言えばジェシカ、ラング主演の映画「キングコング」の舞台にもなりました、私にしてみればニューヨークの世界貿易センタービルといえば文明の象徴のようなビルでした、それがまさか飛行機が激突するとは誰が想像したでしょうか、あの9,11の衝撃をアカデミー賞受賞監督のオリバーストーンが映画化したようです[World Trade Center]主演はニコラス、ケイジで警察官の役みたいです、予告編も公開されているので見てください、日本公開はまだ先の様ですが、ぜひ見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月30日 (金)

スパイダーマン3

Sm3_middle最近、マンガはぜんぜん読まなくなりましたが以前はマンガが大好きでよく読んでいました、中でもアメコミは結構好きな部類で特にスパイダーマンはマーベルコミックの中でも一番好きでよく読んでいました、知ってのとおりスパイダーマンは昔から世界的な人気で何度も映画化&テレビドラマ化されてきました、25年くらい前に映画化 された時も見に行きましたが(たしか溶解人間 と併映だったような)独特の世界観を表すのに当時の特撮技術では無理があり、又、脚本もダメダメでB級まるだしでした、確か日本でも池上遼一が漫画化したり、子供向けにテレビドラマ化されましたね(設定はそれこそゴレンジャーの様にオモチャ会社のスポンサーの為に改悪されて無茶苦茶でしたが)そして、見るたびに失望感を与えられてきました、しかし、近年のCG技術の目覚しい発達によって視覚化出来ない映像はなくなってきました、そして、遂にサムライミ監督が映画化したスパイダーマンは映像的にも脚本も原作が描くスーパーヒーローが社会で生きていく中での苦悩を描く素晴らしい作品でした、そして新たに「スパイダーマン3」 が製作されているようで予告編 が公開されてます、まだ、公開は来年のようですが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

最終絶叫計画4?

Scarymovie4posterbig3最新映画の紹介というかこのScary Movie 4はあの最終絶叫計画の4作目というか支離滅裂なパロディ映画なんですが「宇宙戦争」「SOW]「呪怨」「ヴィレッジ」などのヒット作とトムの奇行をパロッてるみたいで予告編を見て激しく見たくなりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

ヤバイくらい面白い

T003 昨日から突然ドラマにはまっておりまして、知り合いから録画したやつを借りてきて見ております、何を見てるかというと{白夜行 」昨日、第一話を見たんですがイキナリはまってしまいました、子役の福田麻由子ちゃんがスゴすぎです、感情移入して泣いてしまいました、それから、刑事役の武田哲矢の関西弁が気になりますがイイ味だしてます、これからの展開が楽しみです、それと「時効警察 」これも内容が不条理で間のとり方が面白くてめちゃくちゃ笑ってしまいました、それと「アンフェア 」第一話を見た限りではマァマァというところなんですがこれからの展開しだいですね
っていうか見てるのは全て録画なんで情報がかなり古いというか読んでるみなさんは「知ってるよ!!」って感じですか?
すいません、普段はほとんどテレビを見ないのでやってる事も知らないんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

ハリウッドの最新作

Index_02ここ数年ハリウッドは良い脚本に出会えないのか、それとも安定路線なのか、リメイク物、続編の大作が続々と公開されている、現在製作中の物はどうかと調べてみるとやっぱりかなりのリメイク物&続編が作られていたので紹介します。
まずはこの写真の映画、あの懐かしい「マイアミバイス」 のリメイクをコリン・ファレルとジェレミー・フォックス主演で監督はTV版と同じマイケル・マンが撮るようです、TV版はあのマイアミのゴージャスな雰囲気が日本のバブルの最盛期と相まってカッコよかったし、フェラーリ・デイトナのオープンカーが格好よくて大好きでした、あの雰囲気そのままで映画化されるといいのですが、次はまたまた懐かしい「スーパーマン リターンズ」 初代のスーパーマン、クリストファー・リーブさんは凄くいい俳優さんでスーパーマン以外にも「ある日どこかで」 と言うタイムトラベル物の名作に出ていて今後の活躍に期待してた矢先に落馬して半身不随となられた時はショックでした、2004年10月に52歳の若さで亡くなられました、さて、次は「ポセイドン」 これはポセイドンアドベンチャーのリメイクです、この映画は私が初めて映画館へ見に行った映画で思い出深いです、次は「Xメン 3」 どこまで作るのって感じですが、このXメンはアメコミ原作の中ではスパイダーマンに次いで成功した作品ではないでしょうか、さて、お次は「ミッションインポッシブル3」 です、最近、ちょっとイタイ、トムさんのヒット作です、お次はリメイクとかではないんですが個人的にミラ・ジョボビッチさんの新作「ULTRA VIOLET」 このミラ・ジョボビッチさんスーパモデルから俳優になった人のなかでは一番成功してるのではないでしょうか、演技力もありますし、結構好きです、後、最後に紹介するのはこれもリメイクとかではないんですが「FLIGHT93」 この映画はあの9,11同時テロで乗っ取られた旅客機を舞台にした映画のようです、あの事件はもちろんリアルタイムで見ていたんですが、今でも思い出すと泣いてしまいます、悲しい出来事でした、以上、全部日本で公開されるかは解りませんが個人的に見てみたいなと思った映画を紹介させて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

DISNEYとPIXARの関係

Tale_left先ごろのニュースでDisneyがPIXARを買収したと言う記事を見た、一時はDisneyのCEO マイケル。アイズナーとPIXARのCEO スティーブ。ジョブズの仲が悪くて、今年の6月に公開される「Cars] を最後にDisneyと手を切るはずだった、そしてDisneyはPIXARがなくてもうちのアニメは面白いんですよとばかりに「チキンリトル」などのCGアニメを数々送り出してきた、しかし、結果は散々でマイケル。アイズナーはCEOを解任されやはりPIXARなしではダメという事で株式交換方式での買収となったらしい、結果、アップルのCEOでPIXARのCEOでもあったスティーブ。ジョブズはDisneyの筆頭株主になり取締役にも就任した、さて、あのアップルを大成功させPIXARをジョージ。ルーカスから買取り大成功に導いたスティーブ。ジョブズは今度は何をやってくれるんでしょう?ちなみに今度のPIXAR作品 「Cars] も面白そうで公開されるのが楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

ベスト5発表!!

もう1月も終わろうとしてるが、ここで俺的2005年に見た映画ベスト5を発表します、5本選ぶだけで精一杯なんで順位はつけません、

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

やはりこの映画ぬきにはできないだろう、最初のスターウォーズを見て以来、俺を夢中にさせてきたシリーズもついに最終エピソードとなり、あのスターウォーズを始めて見た時の少年時代に繋がり、涙なしでは見られないストーリーは知ってのとうり最悪に向かっていくシナリオだが最後のタトゥーインで希望の光が見える、こうして新シリーズをとおして見て見るとオビワン役のユアン・マクレガーも適役ではないだろうか、スターウォーズシリーズ未見の人は見ても仕方が無いが全作DVDを購入して12時間強一気上映と言う荒業も出来る。

宇宙戦争 宇宙戦争

この映画も色々言われているが同じリメイクのインディペンデンスディと対極にある、ID4がハリウッド的大作で、宇宙人が攻めてきたがアメリカが力を合わせて撃退しました的な単純明快なストーリーに比べるとこの映画は非常に主人公の個人的視点のみで描かれている、まず、宇宙人が何をしに来たかもわからないし、政府がどんな対抗策を練っているかも解らない、もし俺自身の身に起きてもこんな感じだろう、こんな自体になれば一般市民には何の情報も入らないのだ、その不安感が怖い、


バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション バタフライ・エフェクト

この映画のアイディア自体は昔から使いふるされているタイムパラドックス物だが脚本が素晴らしい、非常に面白いので未見の人はぜひ見てほしい、やはり、タイムパラドックス物にハズレナシです。




50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション 50回目のファースト・キス

アダム・サンドラーは何故か日本では人気が無いがこの映画は非常に優しい映画だ、ストーリーはおバカなコメディだがアダム・サンドラーとドリゥー・バリモアが適役でおもしろいしホロリもありで彼女と二人で見るには最適だろう




ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション ヒトラー ~最期の12日間

この映画は前にも紹介したので多くは語らないが歴史に興味がある人はぜひ見てほしい、非常に忠実に作られているし、極力、脚色を排している、ドイツ人が真面目に作ったスゴイ映画です、映画好きなら見ないと損です。

番外なんですが

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

これは攻殻機動隊SACファーストシーズンの中核となったエピソード「笑い男」だけを集めて一つの話にしたやつなんですが、凄く面白いです、なぜこんな面白い脚本が書ける人がアニメ界にいて日本映画界には居ないのだろうか、やはり、日本のアニメは最高です!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月20日 (金)

先日、一気に見てしまった

バンド・オブ・ブラザース Vol.1 最近というか昔から戦争映画が好きで色々な戦争物を好んで見るんだけど少し前にスピルバーグ監督の「プライベートライアン」を見て号泣したんだけど、最近、リアリティを追求したような映画ヒトラー ~最期の12日間~を見てから第二次大戦物をいろいろさがしててこれにつきあたりました、バンド・オブ・ブラザースこの映画というか海外ドラマなんだけどあのスピルバーグとトム・ハンクスが企画し(トム・ハンクスが監督している話もある)10話完結のドラマなんだけど、これが凄くおもしろい!アクションもTVとは思えないほど金がかかってて迫力満点!また、原作が良いのか脚本がいいのか毎回、感動させてくれる、これは見なきゃ損です!

| | コメント (0) | トラックバック (1)