« 溺れる者は藁をも掴むと言いますが、、、 | トップページ | 自分がこの世に生を受けて生きている事の意味 »

2006年3月 7日 (火)

耐震偽造発覚と言うが

A0005472_20305070またも新たなる耐震偽造が発覚したらしい札幌でも33棟耐震偽装 この記事をみても私的には「あ~やっぱりね」という言葉しかでない、実は以前、私は土木建築関係に従事し監督管理する立場にいた、といっても下請け業者なので元請けは大手ゼネコン等で色々な建築現場を見てきた、もちろん、その中にはマンションも含まれるのだが経験としてマンション建設は他の建築に比べて基礎工事から仕上げに至るまで見積もり単価が非常に厳しいし工期もシビアである、私は鉄筋は専門ではないのですがコンクリート打設についてはよく立ち会った、設計図書にはコンクリートの強度も記されていてその数値にしたがって現場からコンクリートプラントに注文する、そして、ミキサー車が現場に到着して、そこで試料サンプルも採って作業となる訳だが実際現場ではコンクリートが設計どおりの比重だと硬くて流れにくく作業がはかどらないので「水を飲ます」と言ってミキサーの運転手に言って送るときに水を足して貰う、これはどういう事かと言うと設計通りの強度が得られないと言う事だ、この他にも設計に書かれている事を現場で変更する事はよくある、鉄筋が少ない多いとか構造がおかしいとかは現場の人間は知らないのでとにかく仕事がはかどる事を優先する、それを監督するのが元請けの現場監督なのだがマンション建築はコストも掛けられないので通常1人か2人位しか常駐していない、現場監督にしてもマンション建設はハードワークなので全体に目が届く訳も無く現場監督はコストを抑える事が第一だし工期が遅れるなどもってのほかです、 もちろん全ての建築現場がそうだとは言わないし公共工事とかだと検査が厳しいので当てはまらないが民間工事というのはたいした検査もなく完成に至る、私的には耐震偽装の記事を見ても実は全然驚かないし、調べ始めたらいくらでも出てくるだろう、まぁ、今までの膿は出し切った方が今後の不正などは少なくなってくるだろうが現場はどんどん仕事がやりにくくなってくるのに、それに掛かるコストは上げられないという矛盾が出てきてしまうんだろうな~と、言うのが内情を知ってる者の率直な意見です、

|

« 溺れる者は藁をも掴むと言いますが、、、 | トップページ | 自分がこの世に生を受けて生きている事の意味 »

コメント

こちらで書かれていること、よくわかる気もします。建設における品質を守るには、法の規制、デベロッパー、施主、設計者、施工業者のモラル、そして何よりも、消費者の理解が求められるのでしょう。――ただし、モラルの問題矢消費者の理解はあいまいもことしてしまいます。法の規制は強まらざるを得ないのでしょうけれど、難しい問題です。

投稿: yodaway2 | 2006年3月 8日 (水) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/30742/952354

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震偽造発覚と言うが:

» 構造計算書偽造の浅沼良一氏が会見したが [zaraの当方見聞録]
耐震壁に自信、信念もって数値置き換え…浅沼建築士  札幌市のマンション耐震強度偽装問題で、計33棟の偽装を認めた浅沼良一・2級建築士(47)は7日、札幌市役所で記者会見し、「耐震強度を強くするため、耐震壁の量を多くしたところ、十分な保有水平耐力指数が求められなかった。このため、プログラムの基準を満たすために入力数値を置き換えていた。建築士としての信念に基づき行った」と、偽装に至った経緯を説明した。  浅沼建築士は会見冒頭、「コスト低減など、何らかの圧力で数値の入れ替えを行ったことはない」... [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 10時49分

» 札幌の耐震偽装、二級建築士 「99 年ごろから偽装」 [ブログ生活 - つれづれなるままに -]
◇札幌の 5 棟 「耐震偽装」  市マンション調査  建築士認める  ほかに 2... [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 17時11分

» 社会的潜在リスク [情報戦略 インテリジェンス]
◇耐震偽装 そもそも耐震偽装・・・構造計算書偽造が行われるに至ったのは何故であろ [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 19時02分

« 溺れる者は藁をも掴むと言いますが、、、 | トップページ | 自分がこの世に生を受けて生きている事の意味 »